厄介な害虫は殺虫剤でイチコロ!

・殺虫剤といえば

殺虫剤と言われて思いつくものはありますか?

TVでCMしているキン〇ョールやアー〇ジェットなんて商品ありますよね!すごく効き目がありますし、なによりスプレータイプで使いやすい!・・・ですがこれらの商品は農薬ではありません。

キン〇ョールにはどこにも登録番号がありません。

ですから野菜にこの商品を使って枯れてしまったとしても、それは使ってしまった人のせい。

どこにも野菜や庭木に使っても良いとは書いてないんですもの。

農薬の殺虫剤にはラベルに使用しても良い作物名が書いてあります。

・農薬の殺虫剤はとっても親切!

農薬は法律で

「使用できる作物名」

「どんな害虫に効果があるのか」

「希釈倍率(どの位水で薄めなければいけないのか)」

「使っても良い量」

「収穫何日前まで使っても良いのか」

「収穫までに何回まで使って良いのか」「どのように使ったらよいのか」

が細かく記載されています。

こんなに親切に書いていただいて~ご丁寧にどうも~って感じですが、

それは使い方を誤ると大変だからです。

例えば、農薬は希釈されていない原液で販売されていることがあります。

100mlなんて少量の液体商品でも、ラベルを見ると「希釈倍率1000倍」なんて書いてあることがほとんどです。

1本全て薄めて出来上がる量は100Lにもなるんです。

そこまで薄めても害虫に効果があるということは、薄め方を間違えてしまったら・・・作物が枯れたり、成分の残留がおこったり、大変なんです。

ラベルに書いてあることは必ず守る!

適当に、なんてとんでもないです。

・殺虫剤のいろんな形

農薬は、液体だったり、粒だったり、粉だったりといろいろな形状で販売されています。

理由は様々。

長期間効果をもたせたいから固形物にしたり、

固形にするのが難しい成分を含んでいるので液状で販売したり、

農薬メーカーさんは日々努力しています。

主な形状は下記の通り

粉剤 形状が粉

粒材 形状が粒

微粒剤 形状が粉と粒の中間粗さ

水和剤 形状が微粒剤、水に溶かし使用

フロアブル剤 形状が液体、水で希釈して使用

乳剤 形状が液体、水で希釈して使用

くん煙剤 形状が固形物、煙をおこし使用

その他

 ・どんな害虫がいるの?

大きく分けると2種類に分けられると私は考えています。

〇葉や茎、果実に食害を与えるもの(アオムシ、ハモグリバエ 等)

〇その虫事態に害は無いが、他の害虫を呼び寄せてしまうもの(アブラムシ 等)

厄介なのはやはり食害を与える害虫ですよね。

やっと芽を出してくれたのに次の日見たら茎からポキッと・・・。

果実に色がついてきたなと思ったらなにやら穴が開いている・・・

とこんな感じで泣きたくなります。

そうなる前にしっかり殺虫剤を使い予防、害虫を見つけたらすぐさま殺虫剤散布を行ってください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする